健康・快適住宅システム(冬)寒くない家 (夏)暑くない家

建物の建築設計・増改築・土木・最先端の設備まで、確かな満足。
安全性・快適性・建物の資産価値を守り方など、
トータル的にご提案します。

0532-46-2151
お問い合わせ

現在建築中情報

豊橋市三本木町 K様邸

玄関階段の下地づくり

2019/01/16

左官さんが、玄関の階段の下地を
作りました。

下地完成後にタイルを貼っていきます。

デッドスペースの有効活用

2019/01/15

写真は階段下のデッドスペースを
釣り具置き場にしたものです。

手を加えなければ階段下のただの空間。

今回、お話しを伺ったところ、
ご主人の趣味が釣りということで、
デッドスペースを釣り具置き場として
活用することにしました。

釣り具は生臭さがつきものです。

できれば生活空間に道具は置きたく
ありません。

そこで、
収納扉は家の外(裏側)からのみ設置。

臭いが住空間に入らないように、
切り離しました。

住空間のスペースを減らすことなく、
同時に、臭いの問題も解消し一挙両得です。

このようにライフスタイルを
お聞きしながら、より快適になるよう、
ご提案をさせていただいております。







外観

2018/12/21

K様邸の外観です。

建築工事も順調に進んでいます。

ガルバリウム鋼板の屋根施工

2018/11/02

K様邸にガルバリウム鋼板の屋根が施工されました。


屋根材は、ガルバリウム鋼板という錆に強い金属板を
使用しています。



ガルバリウム鋼板のメリットとして
次のようなものがあります。

・1 錆に強い
・2 長期耐久性が高い
・3 軽いので耐震性が高い
・4 高いデザイン性
・5 熱反射率に優れる
・6 耐熱性が高い

吹付け断熱

2018/10/17

これから秋が深まり寒さが増していきます、
外気が寒くても、家に入ればぽかぽかと
暖かければ快適です。

外気と屋内の温度差に影響するのが断熱材です。

K様邸で吹付け断熱の施工が行われました。

断熱材は、快適性を上げるために、
外の寒さ、暑さを家の中に入れないための
住宅建材です。

建物の中で暖房や冷房をした熱を外に
逃がしにくくする効果が高く、
省エネの住宅にするためにはなくてはならない
住宅建材です。

その原理は、 熱を伝えにくい空気を繊維や
発泡樹脂などを使い、熱の移動を少なくします。

グラスウールなど繊維系の断熱材も
断熱効果を持っているわけですが、
大きな違いは、繊維系断熱材の場合、壁面に
隙間なく断熱材を施すことが難しいのに対し、
発泡断熱の場合は隙間なく断熱材を
施すことができるという点です。

断熱は、断熱材の性能だけではなく隙間なく
断熱材を施し気密性を確保することも
大切です。

また、吹付断熱は内部結露が起こりにくい
点もメリットです。

繊維系断熱材の場合、内部結露が起これば
その重みでズレが生じ断熱性能が低下する
おそれがあります。
吹付断熱材は、吹き付けた後もズレたりせず
断熱性能を維持します。

吹付断熱工法を選択するお客様の多くは
結露の心配が少ないことを重視しています。

「壁内結露」という言葉があります。
室内と室外の温度差によって壁の内側で結露が
発生します。

結露が原因で、木材を腐らせたり、カビやダニの温床になることがあります。

家を傷めたり、カビやダニはアレルギーの
発生の元となります。

吹付け断熱は、快適性を向上しながら、
結露の発生を抑え、住まいと家族を健全に
保つ役割を持っています。

窓・防水紙が取り付けられました。

2018/10/09

窓と防水紙の設置が完了し、
建物の存在感がぐんと増しました。

南側の2階に、広めのバルコニーを設けてあります。

K様邸は木造2階建てですが、
3階相当の高さには小屋裏収納があります。

スペース効率を高めて、収納スペースを
多くとることができる点が人気です。

小屋裏収納の定義は、
・床から天井までの高さが1.4m以下。
・床面積は2階の床面積の2分の1以下。

これら2つの条件を満たすことが必要です。


中間検査完了

2018/10/08

中間検査が行われました。
構造や施工の状況が「建築基準法」に
適合しているかどうかをチェックする検査です。

『筋交いプレート』
筋交いは地震の際、 建物の変形や
倒壊を防ぐために設置します。

台風過ぎました

2018/10/03

台風24号が過ぎ去りました。

東三河では多くの地域で停電が発生しましたが、皆さまのお住まいはご無事でしたでしょうか?

台風と打って変わって青空の下の
K様邸です。

台風、地震など、自然災害の多い日本です。
安心の暮らしのために、私たちは日々進歩する技術を取り入れ、安全と快適な住まいをお届けしています。

小屋裏からのいい眺め

2018/09/19

夫婦二人、お子さま二人のK様邸。

建て前も終わって、今後は
筋交いや金物の取付が行なわれます。

3階の高さに小屋裏収納付きで、
今日のような天気が良い日は、
とてもいい眺めが見られます。

一覧に戻る

官公庁の仕事から一般住宅リフォームまで承ります

株式会社 ニシ

〒441-8103 愛知県豊橋市山田三番町16-4

お問い合わせフォーム
トップボタン